キイロスズメバチやシロアリ駆除のコツ【生活環境改善ネット】

住宅

費用を把握する

2人の作業員

イタチの駆除を害獣駆除業者に依頼する場合、業者によって料金は違ってくるものです。かかってくる料金には調査費用、駆除費用や消毒など様々ですが放っておくと被害が拡大するので早めに依頼をして駆除してもらいましょう。

View Detail

見積もりと相談

男性

ムカデ駆除は費用をかけたくないからといって自分で行なう人もいますが、危険が伴うので業者に依頼することがベストです。また、業者に依頼をする際は見積もりを出してもらう他にも相談してみると良いでしょう。

View Detail

業者にお任せしよう

作業員

近年の建物の傾向と被害

シロアリ対策構造とも言える近年の建物増加によって、今後シロアリによる被害が軽減する予想がなされます。しかし、それには定期的なシロアリ駆除があってこそ言えるものです。建物で対策を行っているからと言って、シロアリ駆除は欠かすことはできません。むしろ、シロアリ駆除を怠った場合にはシロアリ被害は高確率で発生すると行っても過言ではありません。シロアリ対策が十分になされた建物であっても、緑化に努めた周囲の木々からシロアリが発生する恐れもありますし、近隣する古い木造からも移動して来る可能性はあるのです。

建物外回りには要注意

近年の建物におけるシロアリ対策とは、第一に基礎がべた基礎である事です。コンクリートによってシロアリの巣を作る余裕がない環境にあります。また水や湿気が溜まらないよう床下の通気性が良い構造ともなっています。しかし、せっかく十分効果が期待できる建物構造であったとしても、それを人の手によって台無しにしてしまう事があります。通気性の良い床下では、必ず通気口が存在します。通気口に何かしらの物を置いていては全く通期の役割を果たしません。植木や生ゴミ置き、エアコンの室外機といったケースもあります。通気口の前には何も置かないように徹底しなければなりません。また、建物の壁周りに腐食するような物を置く事も危険です。長期に渡り雨にさらされ、湿気を含む、腐食するものはシロアリが好む環境です。特に植木や枯れ木等は要注意です。シロアリ対策が施された建物は、シロアリ駆除を行う時期が延びる利点があります。外回りの不備によってシロアリ駆除の機会を増やさない為にも注意しなければならない事です。

キイロスズメバチの駆除

シロアリだけではなく、私達の生活を脅かすものにキイロスズメバチも挙げられます。キイロスズメバチは毒を持っていて刺された際、最悪の場合アナフィラキシーショックで亡くなってしまうこともあります。そのため、キイロスズメバチを見かけた場合は近づくのではなく専門業者に依頼をしましょう。場合によっては巣を作っている可能性もあるので、巣ごと退治してもらうことが大切です。

定期的に依頼をする

家

シロアリ駆除は一度行なってもまた被害に遭う可能性もあり、被害を抑えるためにも定期的に依頼をすることが良いです。また、周辺の調査などは無料で請け負っているところもあるので気軽に依頼しましょう。

View Detail